楽天モバイル

楽天モバイルの月額プラン詳細│SIMフリー端末の豊富さが魅力の一つ

楽天モバイルの月額プラン

話題の楽天モバイルにはどのような料金プランがあるのでしょうか。ご紹介していきます。今のスマホの月々の料金と比べながら、どれぐらい安くなるかを確認してみて下さい。 楽天モバイルの料金プランを見てみましょう。

料金・初期費用

楽天モバイルの料金プランは、データ専用の格安SIMと音声通話可能SIMの二つで料金が分かれます。音声通話が可能なSIMでは、070/080/090で始まる番号で音声通話が出来ますので、キャリアのスマホと同じように使う際には、データ専用のSIMではなく、音声通話ができるSIMを選ばなければなりません。音声SIMの料金は、低速使い放題プランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データ専用SIMの料金は、低速使い放題プラン:525円、3.1GBプラン:900円、5GBプラン:1,450円、10GBプラン:2,260円となっています。

通信速度が200Kbpsと遅い回線を使い放題になるのがベーシックプランで、それ以外のプランはヘビーユーザーでも安心のドコモの225MbpsLTE高速回線が使えるプランになっています。購入に必要なイニシャルコストはたったの3,240円。あと費用がかかるしたら、端末が必要な人に対してその端末代金になります。

楽天モバイルの解約違約金

楽天モバイルの最低利用期間と違約金、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMでは、「最低限これだけの期間は解約しないでくださいよ」という決まりは特にありません。解約する時期がいつでも、手数料が取れられないのは嬉しいサービスですね。一方の音声通話SIMは、少なくとも12ヶ月間は利用し続けなければならないという、決まりがあります。最低利用期間内である12ヶ月以内に解約してしまうと、違約金として9,800円を支払わなければなりません。大手キャリアでは、1年の縛り期間をすぎても何も意思表示しなければ、そのまま縛り期間が更新されてしまいますが、その点では、 13ヵ月目以降はいつ解約しても違約金を支払う必要がなく、利用者への便宜が図られています。

楽天モバイルの回線スピード

楽天モバイルの回線は、docomoの高速回線(下り最大225Mbps、上り最大50Mbps)を利用した通信サービスです。スピードに関しては、docomoの回線なら、安心の速度と信頼できますね。そんなドコモの高速通信回線を格安で利用できてしまうのは、楽天モバイルの最大の魅力ですね!これからは、MVNOや格安スマホなどのサービスはますます拡大されていくでしょう。

楽天モバイルの3日制限

どのMVNOでも変わりませんが、ユーザーが平等に使えるように、一定の量以上のデータ通信を行った利用者は使いすぎとみなされ、通信速度を規制する仕組みがとられています。使用した直近の3日の間においての利用通信量で計算されて、契約時のパックプランの容量を超えたユーザーに対して、速度制限が適応され、通信速度が遅くなるよう設定されています。直前の3日間に通信したデータの量が基準値よりも低くなり次第、制限措置は自動で終了します。特別に何かをしていない限り、一般的な使用をしていれば制限にかかる事がないと思います。プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天モバイルとは?

楽天モバイルとは格安SIM・格安スマートフォンを扱うサービスで、docomoの回線を利用しています。大手3キャリアからの乗り換えなら、スマートフォンにかかる月々の金額をかなり抑えることができます。月々1,250円という低価格で利用出来る格安スマホサービスとして人気となっています。回線はドコモで使用しているものを使っているため、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。楽天モバイルの契約期間中はずっと、楽天市場で買い物した額のポイントが2倍になるというキャンペーンも見逃せないです。ということで!楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、楽しく、読んで頂ければと思います。

docomo回線を使った格安SIM

ご存知ですか、格安スマートフォンで有名な楽天モバイルは、ドコモの回線を使用しています。ドコモと同じ品質で通話出来るのは当然のことながら、全国的に普及しているので、広い範囲で安定して使用することができます。楽天モバイルはNTT docomoのスマホであってもSIMカードを変更することでそのまま使うことができます。当然、楽天モバイルでセット販売がされているスマホを購入し、使用することもでします。ドコモのスマホをお持ちの方なら、SIMカードのみの契約で利用可能ですので、新たに本体を購入する必要も無いので経済的です。定評のあるNTTドコモの回線を安く使えて、SIMもまた安いという、いいとこ取りの通信サービスが楽天モバイルというわけなのです。

SIMフリースマホの種類が豊富

楽天モバイルを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、新たに楽天モバイルに対応したスマホ本体をご購入頂くことになります。楽天モバイルのサイトを見ると販売されている端末は、非常にたくさんの種類があり、他のMVDOと比べると選べる幅も広がります。スマートフォンでは画面が小さいという方も,楽天モバイルではたくさんの種類のタブレットも買うことができますので、満足の行く端末が見つかると思います。ただひとつ、残念な点が、端末代金を分割払いにしようとすると、楽天カードが必須という点です。楽天カードをお持ちでない場合、本体の支払いは一括で支払う必要があります。ただ、楽天カードのことがあったとしても楽天モバイルの機種数の豊富さは数あるMVNOの中でも一番の魅力だといえるでしょう。

あまったデータ量の翌月繰越対応してます。

プランにより高速データの通信容量は異なりますが、月に使用する量が少ない時もあるので残ってしまう場合もあります。ところが楽天モバイルの場合は、使いきれずに余ったデータ容量を次の月に繰り越すことが可能なのです。このようなデータ容量を翌月に持ち越すことができないMVNOも少なくなく、この翌月繰越は、楽天モバイルの魅力の一つです。格安スマホですが、余ったデータを無駄なく繰越せるサービスがあると嬉しいですね!

電話料金がオトクな、楽天電話

楽天モバイルの「楽天でんわ」は通常の通話料金がなんと半額にもなるお得なサービスです。IP電話とは異なるもので、プレフィックス型の電話サービスのため、通話相手には発信元の電話番号が通知される仕組みになっています。相手側に通知される電話番号は、もちろんいつも使っている電話番号です。相手方にしてみれば、いつもどおりの電話と何ら変わらない訳です。IP電話ですと非通知設定での発信しかできなかったり、050から始まる番号が受け手側に通知されたり、IP電話ということが分かってしまい、使いづらい部分がありましたが、楽天でんわではその心配はありません!更に「楽天でんわ」はただ通話するだけで、楽天ポイントが付くので通話料の割引分以上にお得なのです。電話カケ放題のオプションも始まりました。

5分カケホーダイとは?

大手携帯電話会社のdocomo・au・SoftBankは、以前にはなかったどれだけ通話しても一定額の通話し放題プランを提供していますが、MVNOの格安スマホでは、多くの場合、いままで通話かけ放題サービスを用意していませんでした。通話が多くて、格安スマホを諦めていたあなたに朗報です。楽天モバイルの新サービス、月額850円で、1回5分の通話が回数制限なく無料になるという「5分かけ放題オプション」が登場です。5分間何度でも通話料無料というオプションが使うのは電話回線なので、通常の発信や楽天でんわど同じように、発信者番号通知に対応しているので、特別な違いを感じることなく通話し放題プランを利用できることが一つの売りとなっています。NifMoにも話し放題のサービスはあるものの、かけた人に電話番号が相手方に表示されないことがままあるようです。楽天でんわの場合、1分通話すると約21円ほどかかりますので、1回5分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「5分かけ放題オプション」をおすすめします。

初月は無料!

楽天モバイルでSIMの新規契約をした場合、最初の一月は月額料金がタダになります。初めの一ヶ月というのは、スマホ端末やSIMカードが届けられた日を含めたその月のことです。SIMカードが月初めに届いたとしたら、ほぼ一ヶ月分の無料期間となりオトクですね。ただし、今、使っているスマホの更新月によっては、解約手数料の支払いが発生する場合があるので、実際問題、月初まで待つのがお得とは言えないです。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

終了間近のキャンペーン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)