格安SIM比較

BIGLOBEの速度や料金に関する実体験報告

BIGLOBE SIMの料金と初期費用に関して

格安スマホのBIGLOBE SIMの料金プランを詳しくご案内していきます。今使っているスマホ代と比べながら、携帯料金がお安くなり、節約できるのかをご覧いただければと思います。さて、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

BIGLOBE SIM料金プランまとめ

BIGLOBE LTEの月額費用は、SIMカードの種類ってデータ通信しかできないものと音声通話もできる二つの種類があるんです。音声通話用のSIMは、070/080/090の番号を使用するので、データ通信だけでなく普通の携帯として「声」での「通話」がしたいときには、音声通話が可能なSIMを選ばなければならないことに気をつけましょう。音声通話SIMの料金プランは、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプランで1,600円、6GBプランで2,150円、12GBプランで3,400円、20GBプランで5,200円、30GBプランで7,450円となっています。

データ専用SIMの料金は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsといった低速度の使い放題プランですので、それ以外のプランだと、LTEという通信速度の高速回線も使えるようになります。BIGLOBE LTEの初期費用はわずか3,240円。後は端末を新規に購入したい場合の代金だけとなります。

BIGLOBE LTEの契約縛り

BIGLOBE LTEの解約縛りと解約手数料、これは契約前に頭に入れておいてください。データSIMには最低利用期間がありません。解約手数料は解約時期に関係なく、無料ですので心配いりません。それに対して通話SIMでは12カ月間の縛り期間が定められています。そのため何らかの理由で、一年経っていないのに解約を申込みますと、8,000円の違約金がかかりますので、ご注意ください。キャリアとの差別化として、縛り期間が自動更新されませんので、13か月以上利用なされた場合は、その後いつ解約しても違約金は発生しないので安心してご利用することができます。

BIGLOBEスマホの特色

BIGLOBE SIMはMVNOの一つで、今注目を浴びている格安スマホが利用できますドコモやauなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。現在話題となっているのが、月々900円で利用できるSIMサービスです。BIGLOBE LTEはNTTドコモから回線を借りているので、通話品質、サービスエリアもNTTドコモの利用時と全く変わりません。オプションサービスには、BIGLOBE SIMの魅力的な特有のサービス「エンタメフリー」があります。このサービスは、YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Musicの7サービスにおいて、通信量を消費せず無制限に使用することができます。BIGLOBE SIMって何?という方もいらっしゃるかと思いますので、BIGLOBE SIMの評判から最新キャンペーン情報までまとめたレポートです。節約料金を妄想しながら、楽しんでいってください。

docomo回線を利用した激安なスマホ!

BIGLOBE LTEのサービスは、ドコモの回線を利用したものです。だから繋がりやすさは抜群で音質もdocomoと変わらず、サービスエリアなどもドコモのそれと全く遜色なく、安心して使うことができます。docomoのスマホなら、大半の機種が、BIGLOBE LTEでそのまま使えます。スマートフォンも新しく購入したい方は、端末とSIMをセットで購入できます。すでにdocomoのスマホをお持ちなら、SIMカードのみのプランを契約すれば、新たにBIGLOBE LTEでスマホを購入する必要もないので、ドコモのスマホを持っているならば嬉しいサービスです。分かりやすく言うと、利用は安いが、回線はドコモのものを使える、ということですね。

格安スマホの種類が多い

BIGLOBE LTEを利用する場合対応する端末が必要になりますが、今お持ちのスマートフォンが対応端末でない場合には、新たにBIGLOBE LTEに対応したスマホ本体をご購入頂くことになります。BIGLOBE LTEでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、種類が豊富で、他のMVNOと比べても非常に充実したラインナップとなっています。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。

あまったデータ容量のくりこし

プランによってそれぞれ、データ容量は変わっていますが、月によってはあまりモバイル通信を使用せず、データ通信料を余らせてしまうということもありえます。BIGLOBE LTEならば、余った容量を翌月に上乗せして使用できます。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、余った通信量を無駄にしないで翌月に使うことができることは、BIGLOBE LTEの優れた点です。料金を安くしたいからこそ格安スマホを使うのですから、余ったデータ容量も無駄なくシッカリ使いたいですよね。

通話料が半額になる、BIGLOBEでんわ

BIGLOBE LTEでのサービス「BIGLOBEでんわ」は通話料が通常と比べて半額になるサービスです。IP電話ではなく、プレフィックス型と言われる通話サービスなので、発信者の番号が相手へと通知されます。もちろん通知される番号は、いつも使用している電話番号です。なので、相手にはいつもどおりの電話と何ら変わりありません。IP電話サービスを利用して電話をすると、非通知での発信しかできなかったり050番号が通知されたりとするので、使い勝手はあまりよくないのですが、「BIGLOBEでんわ」ではそのような煩わしさはありません。これだけじゃありません。

3分かけ放題

NTTドコモ、Softbank、auなどの大手携帯キャリアでは、それぞれが通話し放題プランを提供していますが、MVNOは、ほとんどかけ放題には対応していません。MVNOの格安スマホは魅力的だけど、比較的通話回数が多いから不安だなー。という方も安心。BIGLOBE LTEの「3分かけ放題」という新サービスが始まりました。月々650円で、国内通話の最初の3分間は、何度でも無料になるのです。この「3分かけ放題」で使用しているのは一般的な電話回線であるため、IP電話などとは違い、BIGLOBEでんわなどと仕様は変わらず発信者番号通知にも対応していますので、いつものように電話をかけるのと同じなのに通話料無料いうのが売りです。BIGLOBEでんわを使用した場合、通常1分21.6円の通話料ですので、1回の通話時間が3分以内で月に35分以上通話する方は、ぜひ加入しておきたいですね。

無料通話がお得!通話パック60がお得!

BIGLOBE SIMでは、月額650円で3分かけ放題というプランとは別に、『通話パック60』というオプションプランも用意されています。このオプションは月額650円で1,200円分の無料通話が付いてくるというお得なサービスとなっています。絶対に3分以内に話が終わるという方には、「3分かけ放題」の方がお得なのですが、3分以上の通話をするという人には、この通話パック60の方が圧倒的に使い勝手が良いですよね!さらに上手に通話オプションを活用するとよりお得になります。

到着月は料金が無料に!

今、格安スマホのBIGLOBE LTEではSIMやSIM+本体の契約をすると、最初の一月の料金が0円になります。「初めの1カ月」が指すのは、SIMカードが到着した日が属する月です。月初めにSIMカードが届いたら丸々1ヶ月分得をしてしまうってことですね。しかし、今現在利用しているスマホを解約するには手数料などの事も考えなければならないので、BIGLOBE LTEの料金の月初まで待って契約するのが良いとは明言できません。

回線速度

BIGLOBE SIMの通信サービスは、ドコモで使われている4G回線を利用しています。速度に関しては、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。docomoと同じ回線を格安で使用できることは、BIGLOBE SIMのとても良いメリットになりますね。これから、MVNO・格安スマホと言ったサービスが更に広がっていきそうですね。

BIGLOBE SIMの帯域制御について

どのMVNOにおいても一緒ですが、多くの利用者が同様に快適な通信を利用できるように、データ通信を多く利用したユーザーには、速度が制限されました。直近72時間のうちにどれだけデータ通信を利用したかによって、 定められたデータ容量を超えた人に対して、通信速度を低めに制限する措置の対象になっていました。この72時間制限がなくなったのは、大きな話題となりましたね。つまり、BIGLOBE SIMには、重いファイルをダウンロードしたとしても、72時間制限の心配をする必要はなくなった事により、利便性の向上としてはかなり大きな進歩です。

今月の割引キャンペーン

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)